【セルとプリンチがやって来た! 前編 】


セル:「うむ、トランクの残していった住所によると…。
    おおかみの兄上はここにおられるようだな。」

プリンチ:「そのようでございますわ、セルさま。」


セル:「鍵がかかっていないぞ。無用心な…。
    ちゃんと回覧板の空き巣注意を読んでいないのか?」

プリンチ:「セルさまのおっしゃる通りですわ!無用心ですわ!」

セル:「仕方ない、勝手にあがらせてもらうことにしよう。」

プリンチ:「はい、セルさま。」


セル:「ここの部屋から人の気配が…。
    誰かがいるようだな。
    兄上の事、ちょっと聞いてみよう。」

プリンチ:「はい、セルさま。」


セル:「ここにおおかみの兄上がおられると聞いて来たのだが?」

INTEGRA:「ん?おおかみさん、今日はここに来てないけど?」


セル:「遠路はるばる来たというのに。
    兄上はここにおられないのか…。」

プリンチ:「セルさま、元気をお出し下さいまし…。
      セルさまの気分が少し暗くなるだけで、プリンチの心は暗黒ですわ…。」


セル:「あぁ、ごめんよ、僕の可愛いプリンチ。心配をかけてしまって…。
    僕はもう大丈夫だから。さぁ、笑顔を見せて!
    プリンチ、君には笑顔が一番さ!」

プリンチ:「セルさま…、なんてもったいないお言葉…。
      プリンチ、感激のあまり…(涙)。」


セル:「さぁさぁ、プリンチ、涙を拭いて。
    そうだ、長旅で疲れただろう?お茶にしようじゃないか。」

プリンチ:「はい、セルさま。」


セル:「えっと、そこの君、お茶を用意してくれたまえ。」

INTEGRA:「えっ?私?…。」


セル:「さぁ、プリンチ!お茶の用意ができたよ!
    これを飲んで元気をお出し。」

プリンチ:「はい、セルさま。ありがとうございます。」


セル:「それから君、おおかみの兄上を知っているようだが?」

INTEGRA:「そりゃ、一応、オーナーですから…。」


セル:「そうか、君が兄上のオーナーか!いやいや…。
    では、兄上を呼んできてくれたまえ。

INTEGRA:「あのすぐには無理なんですけど…?」


セル:「おやおや、困ったものだね。まぁ、仕方ない。
    当分ここで滞在しながら待たせてもらうよ。」

プリンチ:「待たせてもらいますわ。」


セル:「そうと決まれば…。お茶のおかわりを頂こうかな。
    プリンチの分も忘れないで用意してくれたまえ。」


To be continued.


えっ?中途半端なところで終わるなって?
いやぁ、長くなりそうなもので…。近々アップします!


















SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO