【ある秋の日のセルさまとプリンチ】


セル:「そろそろ秋の気配を感じるようになったね、プリンチ。」

プリンチ:「はい、セルさま。秋の気配を感じますわ。」

セル:「しかし、窓の掃除サボリすぎだな…。」

プリンチ:「はい、セルさま。サボリすぎですわ。」

セル:「窓の汚れは気になるが…。
    せっかく今日は晴れたことだし、庭に出るか。
    INTEGRAにカメラでも持たせて。」

プリンチ:「はい、セルさま。」

ってことで、私の都合はお構いなく庭で撮影することに。


セル:「ん〜、外の風は心地よいね。
    さぁ、写真を撮ってくれたまえ。」

はいはい、じゃんじゃん撮らせてもらいますよ〜!


セルさま:「ふっ…」

パシャッ(←シャッター音と思ってくだされ)


セルさま:「こっちの角度のほうが…。」

パシャッ(←シャッター音…以下同文)


プリンチ:「あぁ、セルさま…。
      素敵すぎです…。
      プリンチ、セルさまが眩しくて、眩しくて…。」


セル:「プリンチ、そこへ座ってごらん。
    眩しいのは君の方なんだよ。」

プリンチ:「セルさま…。」


セル:「あぁ、プリンチ!
    君を見つめると僕は胸が高鳴るよ!」

プリンチ:「セルさま、もったいないお言葉…。」


プリンチ:「プリンチは、プリンチは…。
      世界で一番の幸せ者でございます!」


セル:「幸せ者は僕の方さ!」


セル:「さぁ、プリンチ!もっと僕の側へ。」

プリンチ:「はい、セルさま…。」


セル:「もっと君の顔を僕に見せて。」

プリンチ:「はい・・・。」


セル:「プリンチ、君が側に居てくれるだけで僕は幸せなんだよ。」

プリンチ:「セルさま…。
      プリンチもセルさまが居てくださるだけで幸せでございます…。」

あ〜、もぅ、ご馳走さま〜って感じですか?
二人の世界から帰ってくる様子ないし…。
撮影は終わりにして、私は先に帰ってきましたよ〜ん。



















SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO